長期休みの宿題、どうやって管理する?

冬休みが始まって数日。

夏休みほどではないものの、子供の宿題の進み具合は気になるところ。

我が家は去年、痛い目をみまして(笑)

冬休みは量が少ないからと言って甘くみてはいけません(自戒をこめて)。


そんな我が家の長期休みの宿題の管理方法を今日はご紹介します。


なんと言っても小学生男子が3人なので、

紛失や他の子のものと混ざってしまうのが一番の心配でした。

そこで利用しているのが、キャリータイプのファイルケース。

自分の宿題を全部入れてパチンとロックできるので、

散らかりや迷子を予防します。

そして取って付きにしているのもこだわり。

リビングで宿題したり、2階でしたり、

又は帰省に持って行ったり、学校の補講にもこのまま持っていきます。


ケースの中には筆箱も入れておきます。

あちこち好きな場所でできるのが利点なのに、いざやろうと思ったときに

「鉛筆がない!リビングまで取りに行かなきゃ~」

だと、やる気がなくなりかねません。

そんな訳で普段とは別のファイルに入る薄いペンケースを使っています。


そして、ファイルには宿題のチェック表を貼り付けます。

夏休みの時の写真ですが…。

しかも去年(2016年)のですが…。

つまり毎年使いまわしているこのチェック表。

エクセルで作ってありますが、ほぼ毎年同じ内容で使えます。


自分で宿題の進み具合を把握できるように。

の意味ももちろんありますが、

親の私が把握するっていう部分も大きいです。

3人いれば内容や量の把握を記憶だけに頼るなんて無理なんです。

そして「添削を親にやってもらうように」という、

親の仕事も多いこと!

この添削をやったかどうかも、この表でチェックできるようにしています。


最後にこのファイルの置き場所について。

夏休みは蓄熱暖房の上に置いています。

ダイニングテーブルの横にあるので、便利に使える場所です。


ただ、冬休みは使えません。

暖房ですから。


という訳で、こちら。

ランドセル置き場の横にある無印のファイルボックス。

学校があるうちは、水筒や給食袋などの洗い物を入れるのに使っています。

冬休み中は使わないので、宿題を入れています。

自分のキャリーファイルが分かるように、テープで区別しています。


以上、長期休みの宿題管理、いば家の場合でした。

明日のために今日できる こと

愛知県豊橋市のライフオーガナイザー® 【いば くみこ】のブログ 片づけサポートをしています

0コメント

  • 1000 / 1000