子供がランドセルを定位置に戻してくれる仕組み

「ただいま」と帰ってくると同時に「行ってきます!」と遊びに出かける子供たち。

ランドセルはリビングに投げ捨てられる…

となりがちですよね!


「片づけてから!」と毎日怒ったり、

残されたランドセルを見てイライラするのも嫌ですよね?

何も言わなくても、子供がランドセル置き場に置いてくれたら、

無駄なエネルギーを使わなくて済みます。


もちろん、言わなくてもちゃんとできる子もいます。

が、我が家は言ってもできる子たちではないです!(^^;

そんな子でもできる仕組みを作るのが”ライフオーガナイズの片づけ”。


どうして定位置に置けないかと言ったら、

・定位置までが遠くて面倒

・置き場が高すぎたり低すぎたり、引っ掛け式だとその方法自体が難しい

・子供自身、ランドセル置き場に置くことのメリットを感じていない

こんな理由が考えられます。


それを踏まえての我が家のランドセル置き場です。

オシャレさは置いておきます!

目的は「私に言われなくても自分で定位置に置けること」。

だから、できない理由の解決策がコチラ。

・玄関から5歩の場所に置き場を作る

・使ったのは余っていたカラーボックスだけど、

 脚を付けて使いやすい高さに作る。

・事前に子供たちと話し合いをして、子供たちの意見と「これならできる!」という意思を確認しておく。


こんな仕組みを作ったことで、言わなくても写真のように定位置に置けています。

(置き方がバラバラなのがリアルでしょう?)


もうちょっと追加すると、

写真左下の白いファイルボックスは、水筒や給食袋などの洗い物入れ。

右上のウォールポケットは連絡袋入れ。

ここに入れるところまでは自分でやってねと言ってあります。


次回はここに至ったまでの経緯をお伝えしようかなと思います。

明日のために今日できる こと

愛知県豊橋市のライフオーガナイザー® 【いば くみこ】のブログ 片づけサポートをしています

0コメント

  • 1000 / 1000